Macを使う

ここでは、私が使っているMacなどについて書くつもりです。

ハードウェア

Mac miniからMacBook Pro 13に 
2015年5月、Mac miniからMacBook Pro 13に移行しました。その後、Mac miniは使えない状態になりました。

Mac mini

2012年8月に、Mac mini Mid 2011を購入しました。 購入当初からメモリを8GB に交換、2013年3月には内部に INTEL 330 SERIES 240GB SSD を追加しました。
キーボードおよびマルチタッチ トラックパッドはApple純正のものを使っていました。 
Mac mini は、メモリの交換が出来、ハードディスクの交換も可能なところが魅力でした。しかし、これは Late 2012モデルまでで、Late 2014 モデルからは、これらの交換ができなくなりました。

MacBook Pro 13

2015年5月、MacBook Pro Retina 13 Mid 2014 基本モデルを購入しました。プロセッサ 2.6 GHz デュアルコア Intel Core i5 、メモリ 8 GB 1600 MHz DDR3L、グラフィックス Intel Iris Graphics 1536MB、128GB PCIeベース フラッシュストレージ 128GB です。 SDXCスロットに、JetDrive Lite 330 128GBを入れたままにしています。

フラッシュストレージは主に書類を入れています。写真、動画、および音楽は、JetDrive Liteです。
フラッシュストレージは、128GBでもParallelsとWindowsも動かすことができましたが、256GBモデルの方が余裕を持って使えると思います。

自宅のデスクで使うとき、以前はSHARPの22インチ液晶テレビ1920x1080のFHDをHDMIケーブルに接続して、デュアルディスプレイで使っていました。

その後、フィリップス 258B6QUEB/11 25インチ2560x1440のWQHD モニタを接続してからは、クラムシェルモードで使うことが多くなりました。現在Thunderbolt → Displayport 変換ケーブルで接続しています。


通常使うプリンタ/スキャナはPIXUS MG6230、バックアップ用には2.5インチのハードディスクをケースに入れて使っています。

Stacks Image 22

Stacks Image 26
ソフトウェア

使っている主なアプリケーションソフトなどは、次の通りです。

・Safari(無料 macOSに付属)

・Firefox(無料)

ブラウザは複数種類必要です。Windowsでも同じように使えます。


・Chrome(無料)

・メール(無料 macOSに付属)


・Time Machine(無料 macOSに付属)

バックアップソフトは、Time Machineを使っています。macOSに付属のソフトで、大変良くできています。


・ESET Cyber Security Pro(有料)
セキュリティソフトは、ESETを使っています。5台のパソコンやスマホで使えて、価格も安かったです。
インストールしただけで設定は何も変えていません。

・AppCleaner(無料)
アプリケーションソフトのアンインストールに使っています。


・OnyX(無料)
システムのメンテナンスに使っています。自動処理だけを実行しています。

・Photoshop Elements(有料)

写真編集だけを使っています。

・Pages(無料 macOSに付属)
Officeが必要と思って購入したのですが、Pagesで十分でした。Officeを使うことはほとんどありません。

・RapidWeaver(有料)
このサイト作成に使っている、アプリケーションソフトです。

・1Password(有料)
少し高いと思いましたが、便利です。

・Boom 3D(有料)

MacBook Pro 13の音量が上がり、音質も少し良くなる気がします。

・MacX Video Converter Pro(有料)

昔購入したバンドルソフトの中に入っていました。

・TinkerTool(無料)
スクリーンショットを撮るときに使っています。

・PopClip(無料)
以前から使っていますが、いつ購入したか覚えていません。

今でもWindowsパソコンで行なっていること

私は、自作のWindows 7パソコンも使っています。2TBのハードディスク2台を内蔵しており、主な使い方はTVの録画、動画の編集、DVD、ブルーレイディスクの作成などです。
これらの使い方は、今のところMacに移行するつもりはありません。

Mac でもmacOS Sierraのときに Parallels Desktop 11 で Windows 10を使えるようにしてありました。Windows 10では、Classic Shellを使って、Windows 7風のデスクトップだけを使っていました。

その他、今でもWindowsで行なっているのは、次のようなことです。
・e-Tax ーーー 毎年1月中には申告するのですが、国税庁のMacへの対応が遅いためです。
・年賀状の宛名印刷 ーーー とりあえずWindows用の宛名印刷ソフトを使っています。
・特殊なシェアウェア ーーー 使い慣れていて便利なので。
シェアウェア以外は、時期を見て macOS に移行するつもりです。