WindowsからMac

WindowsからMacに乗り換え、思ったよりも簡単です

最近Macを使い始めたのは、2012年8月 です。それまでは、長い間Windowsパソコンを使っていました。実は、ずっと昔にも2回ほどMacを使ったことがあります。
Windowsを使っていた人がMacに変更するのは、とても大変なことだと想像するかもしれませんが、そんなことはありません。
2014年の春から秋にかけて、数人の方がWindowsからMacに乗り換えるのをお手伝いしました。 これらの人は、早い人では3時間ほどで、シニアの人でも3時間+2時間ほどで一応Macを使えるようになりました。 最初のセットアップは、お手伝いした人が多いのですが、Appleストアで購入した人は、Apple IDの取得やセットアップまでストアで済ませていました。

2015年、2016年にも4人の方の、WindowsからMacへの乗り換えをお手伝いしました。年齢層は60才前後から70才前半、とあまり若い人達ではありません。
トラックパッドは、スマホを使っていない人には多少抵抗があるようです。また、ExcelからNumbersに移行した人は、仕様に若干の違いがあるので、慣れるのに少し時間がかかりました。

私は、Windows 8.1を少しだけ使ってみました。XP、Vista、7と比べて操作方法が大きく変わっているので、乗り換えるのは簡単ではないと思います。 何人かの方から「Windows 8 パソコンを購入してしまいました」と言われてお手伝いしました。これらの方にはフリーソフトを利用して、Windows 7と同じように使っていただいています。つまり『モダンUIとかタイル』は一切使っていません。

困ったのは、全く意識しないうちにWindows 10にしてしまった人がいたことです。1人はWindows 7から、もう1人はWindows 8.1からでした。2人とも全く意識しないうちにWindows 10にしており、印刷ができなくなった、とか起動時の画面がおかしくなったという認識しかありませんでした。


Macを使い始めるとき、近くに使い方を説明できる人が居ると、短時間で使えるようになるでしょう。自分で調べながら使いたい人は、Macについての本も最近増えているので、これを使うと良いと思います。また、Webで調べると、WindowsからMacに乗り換えた人のサイトが数多く見つかります。